LED総合カタログ_2018,05版

LED総合カタログ DNL


>> P.265

注意事項ATTENTION●LCプラグは電線に余裕をもたせ、ラインコンセントへ確実に差し込んでください。接続が不完全ですと感電、火災の原因となることがあります。●屋外では使用しないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●風呂場など湿気や水気のあるところでは使用しないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●振動や衝撃のあるところでは使用しないでください。故障、火災の原因となることがあります。●引火する危険性の雰囲気(ガソリン、可燃性スプレー、シンナー、ラッカーなど)で使用しないでください。火災、爆発の原因となることがあります。●粉塵の多いところでは使用しないでください。火災の原因となることがあります。●暖房機器、火気などの上や近接したところでは使用しないでください。故障、火災の原因となることがあります。●濡れた手でLCプラグを抜き差ししないでください。感電の原因となることがあります。●LCプラグを抜くときは、プラグを持ちまっすぐ抜いてください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●床、什器等の清掃の際は、ラインコンセントやLCプラグに水や薬品がかからないように注意してください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●強い衝撃を与えないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●塗料などを塗らないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●ラインコンセントの中央レール、LCプラグの中央の刃及び緑ストライプ電線がアースです。アース線の接続箇所を間違えないよう注意してください。感電、火災の原因となることがあります。●取付工事の際、塗料や接着剤の液状成分、金属粉等がラインコンセント内部に入らないよう注意してください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●ラインコンセントはレール面が上向きになるような取り付けはしないでください。塵埃などによる故障、漏電、感電、火災の原因となることがあります。●LCプラグの上に重いものを乗せたり、踏んだりしないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●LCプラグの中央の刃をラインコンセントの真ん中のレールにあわせてまっすぐしっかりと差し込んでください。感電、火災の原因となることがあります。●LCプラグはラインコンセント専用、ラインコンセントは店舗用什器などに取り付けて使用する電源取り専用コンセントです。造営材には取り付けて使用できません。故障、感電、火災の原因となることがあります。●ラインコンセントLCFの本体の長さを調節するときは、切断可能範囲がラインコンセントの先端部に表示してありますので、この範囲内で切断してください。レールの途中で切断しますと故障、感電、火災の原因となることがあります。(図6)●ラインコンセントLCD、LCMの電源 コードのプラグは2極接地極付コン セントへ確実に差し込んでください。 感電、火災の原因となることがあり ます。●周囲温度は5℃∼40℃の範囲で使用してください。故障、感電、火災の原因となることがあります。注意安全上の注意ラインコンセント・LCプラグを正しく安全にご使用いただくために警告●取付工事や清掃のときは、必ず電源を切ってください。感電の原因となります。●万一、煙がでたり、変な臭いがするなどの異常状態が発生した場合はすぐに電源を切ってください。そのまま使用すると、感電、火災の原因となります。また、異常状態がおさまったことを確認してから、工事店、電器店に修理を依頼してください。ご使用上の注意●清掃する際は、シンナーやベンジンなどの溶剤を使用しないでください。水または中性洗剤を湿らした柔らかい布でよく絞ってから拭いてください。●接続する電線は取扱説明書にしたがってください。●ラインコンセントから負荷に給電する際は、専用のLCプラグを使用してください。安全上の注意電源コード・継線コードを正しく安全にご使用いただくために警告●取付工事や清掃のときは、必ず電源を切ってください。感電の原因となります。●万一、煙がでたり、変な臭いがするなどの異常状態が発生した場合はすぐに電源を切ってください。そのまま使用すると、感電、火災の原因となります。また、異常状態がおさまったことを確認してから、工事店、電器店に修理を依頼してください。●電源コード、継線コードの分解、改造は絶対にしないでください。故障、感電、火災の原因となります。●電源コード、継線コードの隙間に金属類や燃えやすいものなどを差し込まないでください。感電、火災の原因となります。●傷んだり変形した電源コード、継線コードは使用しないでください。感電、火災の原因となります。●定格電流以下の負荷で使用してください。感電、火災の原因となります。(渡り配線で2台以上の什器に給電する場合は、特に注意してください。)●電源コード、継線コードは電線に余裕をもたせ、コンセントへ確実に差し込んでく ださい。接続が不完全ですと、感電、火災の原因となることがあります。●屋外では使用しないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●風呂場など湿気や水気のあるところでは使用しないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●振動や衝撃のあるところでは使用しないでください。故障、火災の原因となることがあります。●引火する危険性の雰囲気(ガソリン、可燃性スプレー、シンナー、ラッカーなど)で使用しないでください。火災、爆発の原因となることがあります。●粉塵の多いところでは使用しないでください。火災の原因となることがあります。●暖房機器、火気などの上や近接したところでは使用しないでください。故障、火災の原因となることがあります。●濡れた手で電源コード、継線コードのプラグやコネクタを抜き差ししないでください。感電の原因となることがあります。●電源コード、継線コードのプラグやコネクタを抜くときはコードを引っ張っておこなわないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●床、什器等の清掃の際は、電源コード、継線コードに水や薬品がかからないように注意してください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●塗料などを塗らないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●コードの上に重いものを乗せたり、踏んだりしないでください。コードにキズがつきますと故障、漏電、感電、火災の原因となることがあります。●コードを無理に曲げたり、ねじったり、引っ張ったりしないでください。断線、火災の原因となることがあります。●周囲温度は5℃∼40℃の範囲で使用してください。温度ヒューズが不要動作したり、故障、感電、火災の原因となることがあります。注意ご使用上の注意●什器専用です。什器以外の電源には使用しないでください。●清掃する際は、シンナーやベンジンなどの溶剤を使用しないでください。水または中性洗剤を湿らした柔らかい布でよく絞ってから拭いてください。●3P電源コード、3P継戦コードのヒューズ交換はできません。(図6)●ラインコンセント、LCプラグの分解、改造は絶対にしないでください。故障、感電、火災の原因となります。●ラインコンセント、LCプラグの隙間に金属類や燃えやすいものなどを差し込まないでください。感電、火災の原因となります。●傷んだり変形したラインコンセント、LCプラグは使用しないでください。感電、火災の原因となります。●取付工事は、取扱説明書にしたがって確実におこなってください。感電、火災、ケガの原因となります。●電源接続の際は、取扱説明書にしたがって確実におこなってください。接続が不完全ですと感電、火災の原因となります。●定格電流以下の負荷で使用してください。感電、火災の原因となります。●アース工事は、電気設備技術基準にしたがって確実におこなってください。アースが不完全ですと、感電の原因となります。265


<< | < | > | >>