LED総合カタログ_2018,05版

LED総合カタログ DNL


>> P.264

ご使用上の注意●周囲温度は取扱説明書で指定した範囲で使用してください。不点灯、チラツキ、調光機器の故障の原因となることがあります。●接続する電線および出力側総配線長は各製品ページにしたがってください。●長時間消灯する際は、スイッチでおこなってください。調光ボリュームでは電源  がOFFになりません。●清掃する際は、シンナーやベンジンなどの溶剤を使用しないでください。水また は中性洗剤を湿らした柔らかい布でよく絞ってから拭いてください。●明るさを下限レベルまで調光させていくと消灯レベルにバラツキが生じたり、明 滅やチラツキが生じることがあります。●調光信号線は短絡しないでください。故障の原因となることがあります。●ラジオなどの音響機器の近くで点灯しますと、雑音が入ることがありますのでご 注意ください。雑音が入るときは調光機器から1M以上離して使用してください。注意事項ATTENTION安全上の注意コンセント・コネクタを正しく安全にご使用いただくために警告●取付工事や清掃、温度ヒューズの交換のときは、必ず電源を切ってください。感電の原因となります。●万一、煙がでたり、変な臭いがするなどの異常状態が発生した場合はすぐに電源を切ってください。そのまま使用すると、感電、火災の原因となります。また、異常状態がおさまったことを確認してから、工事店、電器店に修理を依頼してください。●必要な作業以外の分解、改造は絶対にしないでください。故障、感電、火災の原因となります。●コンセント、コネクタの隙間に金属類や燃えやすいものなどを差し込まないでください。感電、火災の原因となります。●傷んだり変形したコンセント、コネクタは使用しないでください。感電、火災の原因となります。●コンセントの受け刃(充電部)には触れないでください。感電の原因となります。●温度ヒューズ交換の際は、電器店、工事店へ依頼し、指定以外のヒューズを 使用しないでください。火災の原因となります。 (ヒューズ付コネクタのヒューズ交換はできません。)●取付工事は、取扱説明書にしたがって確実におこなってください。感電、火災、ケガの原因となります。●電源接続の際は、取扱説明書にしたがって確実におこなってください。接続が不完全ですと感電、火災の原因となります。●定格電流以下の負荷で使用してください。感電、火災の原因となります。●アース工事は、電気設備技術基準にしたがって確実におこなってください。アースが不完全ですと、感電の原因となります。●取付工事は、必ず電気工事店に依頼してください。一般の方の工事は、法で禁じられています。素人工事をおこないますと、漏電、感電、火災の原因となることがあります。●電源電圧は、定格入力電圧の範囲で使用してください。LEDモジュール(LED照明器具)の短寿命、不点灯、チラツキ、調光機器の故障、火災の原因となることがあります。●誤って落下させた調光機器は使用しないでください。故障、火災の原因となることがあります。●屋外では使用しないでください。絶縁低下、漏電、感電、短寿命の原因となるこ とがあります。●風呂場など湿気や水気のあるところでは使用しないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●床、什器等の清掃の際は、水や薬品がかからないよう注意してください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●振動や衝撃のあるところでは使用しないでください。故障、落下によるケガ、火災の原因となることがあります。●引火する危険性の雰囲気(ガソリン、可燃性スプレー、シンナー、ラッカーなど)で使用しないでください。火災、爆発の原因となることがあります。●腐食性雰囲気のところでは使用しないでください。故障、落下の原因となることがあります。●粉塵の多いところでは使用しないでください。発煙、発火の原因となることがあります。●電線が調光機器の端部に触れないよう余裕をもたせてください。ケースの端部で絶縁被覆を傷つけ、絶縁破壊により漏電、感電の原因となることがあります。●電線の接続点や調光機器の口出線には張力を加えないでください。不点灯、漏電、感電、火災の原因となることがあります。●調光機器の樹脂部分に塗料などを塗らないでください。樹脂部分が劣化し、故障、感電、火災の原因となることがあります。●8∼10年経過した調光機器は、絶縁性能が低下していますので使用しないでく ださい。そのまま使用しますと絶縁劣化が進行し、異常過熱、焼損、発煙、発火の 原因となることがあります。調光機器の交換をおすすめします。●この他、工事上の制約がありますので、調光機器の取り付けに際しては「電気設備技術基準」にしたがって施工してください。注意●取付工事は、必ず電気工事店に依頼してください。一般の方の工事は、法で禁じられています。素人工事をおこないますと、漏電、感電、火災の原因となることがあります。●コネクタは電線に余裕をもたせ、コンセントへ確実に差し込んでください。接続が不完全ですと、感電、火災の原因となることがあります。●屋外では使用しないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●風呂場など湿気や水気のあるところでは使用しないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●振動や衝撃のあるところでは使用しないでください。故障、火災の原因となることがあります。●引火する危険性の雰囲気(ガソリン、可燃性スプレー、シンナー、ラッカーなど)で使用しないでください。火災、爆発の原因となることがあります。●粉塵の多いところでは使用しないでください。火災の原因となることがあります。●暖房機器、火気などの上や近接したところでは使用しないでください。故障、火災の原因となることがあります。●濡れた手でコネクタやコンセントを抜き差ししないでください。感電の原因となることがあります。●コネクタを抜くときはコードを引っ張っておこなわないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●床、什器等の清掃の際は、コンセント、コネクタに水や薬品がかからないように注意してください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●強い衝撃を与えないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●塗料などを塗らないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●アース線の接続箇所を間違えないよう注意してください。感電、火災の原因となることがあります。●周囲温度は5℃∼40℃の範囲で使用してください。温度ヒューズが不要動作したり、故障、感電、火災の原因となることがあります。注意●調光機器の分解、改造は絶対にしないでください。故障、感電、火災の原因となります。●紙や布や断熱材などでおおったり、燃えやすいものに近づけないでください。故障、火災の原因となります。●調光機器の隙間に金属類や燃えやすいものなどを差し込まないでくだ さい。感電、火災の原因となります。●調光機器には指定電力(W)を超えるLEDモジュール(LED照明器具) は接続しないでください。故障、火災の原因となります。●取付工事は、取扱説明書にしたがって確実におこなってください。感電、火災、ケガの原因となります。●電線を接続する場合、ゆるみ、抜けのないように確実に接続してください。接続が不完全ですと、漏電、地絡、感電、接続部の焼損、火災の原因となります。●調光機器は、必ず適合するLEDモジュール(LED照明器具)、 直流電源装置と組合わせて使用してください。LEDモジュール(LED照明 器具)の破損や、短寿命、あるいは過電流による火災及び調光機器の故 障の原因となります。●アース工事は、電気設備技術基準にしたがって確実におこなってください。アースが不完全ですと感電の原因となります。ご使用上の注意●什器専用です。什器以外の電源には使用しないでください。●清掃する際は、シンナーやベンジンなどの溶剤を使用しないでください。水または中性洗剤を湿らした柔らかい布でよく絞ってから拭いてください。●接続する電線は取扱説明書にしたがってください。264


<< | < | > | >>