LED総合カタログ_2018,05版

LED総合カタログ DNL


>> P.263

注意事項ATTENTION●取付工事は、必ず電気工事店に依頼してください。一般の方の工事は、法で禁じられています。素人工事をおこないますと、感電、火災の原因となることがあります。●電源電圧は、定格入力電圧の範囲で使用してください。LEDランプ(LEDモジュール)の短寿命、不点灯、チラツキ、故障、火災の原因となることがあります。(LEDダウンライト・LEDショーケースライトを除く)●屋内用器具は、屋外では使用しないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●風呂場など湿気や水気のあるところでは使用しないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●床、什器等の清掃の際は、器具に水や薬品がかからないように注意してくださ  い。故障、感電、火災の原因となることがあります。●振動や衝撃のあるところでは使用しないでください。故障、落下によるケガ、火 災の原因となることがあります。●引火する危険性の雰囲気(ガソリン、可燃性スプレー、シンナー、ラッカーなど)で使用しないでください。火災、爆発の原因となることがあります。●腐食性雰囲気のところでは使用しないでください。故障、落下の原因となることがあります。●粉塵の多いところでは使用しないでください。火災の原因となることがあります。●暖房機器、火気などの上や近接したところでは、使用しないでください。故障、火災の原因となることがあります。●IP保護等級のある器具は下記の使用環境・条件下では使用しないでください。 1) 大雨などで冠水するおそれのあるところ 2) 浴室やサウナなど常時高温高湿となるところ 3) 振動、衝撃のあるところ 4) 風避けのない建物の屋上、橋梁など、明らかに強風が吹く場所・地域   (離島含む)と判断されるところ 5) 腐食性雰囲気のところ 6) 引火する危険性の雰囲気(ガソリン、可燃性スプレー、シンナー、ラッカーなど) 7) 粉塵の多いところ 8) 海岸に近い塩害地域など 9) 塩素を使用している屋内プールなど 10) 車両などの荷重がかかるところ 11) 人がぶら下がったり、足で踏みつけられたりするおそれのあるところ 12) 草や木などが成長し、器具が覆われるようなところ 13) 凹地など水に浸かるところ 14) つららが発生するような寒冷地や積雪地域●器具を被照射面に近接した位置に取り付けないでください。被照射面の変色や変質、火災の原因となることがあります。●濡れた手でプラグやコネクタを抜き差ししないでください。感電の原因となることがあります。●過度な荷重をかけないでください。故障、落下の原因となることがあります。●器具の温度上昇は収納部の容積や器具と周囲の造営材との距離に影響されますので、放熱には十分注意してください。放熱が悪いと、故障、火災の原因となることがあります。造営材との距離は製品によって異なることがあります。詳しくは、各製品ページまたは取扱説明書をご覧ください。(図4)●可燃性造営材に取り付ける場合には器具との間隔をとってください。火災の原因となることがあります。(図5)●誤って落下させた器具は使用しないで ください。故障、火災の原因となること があります。●器具の樹脂部分に塗料などを塗らないでください。樹脂部分が劣化し、故障、感電、火災の原因となることがあります。●点灯しているLEDランプ(LEDモジュール)を長時間直視するのはおやめください。目を痛めたり、目に悪影響を及ぼすおそれがあります。注意●電源接続の際は、取扱説明書にしたがって確実におこなってください。接続が不完全ですと、感電、火災の原因となります。●電源端子台付き照明器具の電源送り容量は合計13Aまでとし、器具間での電源送りによる連結使用可能灯数は、取扱説明書にしたがってください。容量オーバーした場合、火災の原因となります。●電源コネクタ付き照明器具の電源送り容量は合計5A(TFL-LEDは合計1.5A)までとし、器具間での電源送りによる連結使用可能灯数は、取扱説明書にしたがってください。容量オーバーした場合、火災の原因となります。●アース工事は、電気設備技術基準にしたがって確実におこなってください。アースが不完全ですと感電の原因となります。ご使用上の注意●周囲温度は取扱説明書で指定した範囲で使用してください。不点灯、チラツキ、故障の原因となることがあります。●LEDランプ(LEDモジュール)点灯、消灯後しばらくの間きしみ音が発生する場合がありますが異常ではありません。熱膨張率の異なる部材が温度変化により各部材の接触面で摩擦を生じるためであり、特に静かな環境を要求される場所へ取り付けの際は、ゴムやシリコン等の防振材を施すことにより、きしみ音を低減できる場合があります。●清掃する際は、シンナーやベンジンなどの溶剤を使用しないでください。水または中性洗剤を湿らした柔らかい布でよく絞ってから拭いてください。●近くで赤外線リモコン機器を使用しないでください。リモコン機器が正常に動作しないことがあります。リモコンの受信部には、LEDランプ(LEDモジュール)の光が入らないよう配慮してください。●器具を並列に取り付ける場合は、器具1台分の間隔以上離してください。熱干渉により光束が落ちたり、直流電源装置やLEDランプ(LEDモジュール)の短寿命の原因となることがあります。●電源波形に歪みや変動があるときはチラツキを生じたり、照明器具に若干のうなり(音)を生じる場合があります。●施工方法、使用方法によっては、電波障害が生じることがありますので次の事項を守ってください。①器具およびその配線と通信ケーブルなどは、近接しないように施工してください。②器具およびその配線と電子機器とをあまり近づけないようにしてください。③器具に接近してワイヤレスマイクを使用すると、雑音が入り正常に動作しない場合があります。また、赤外線リモコン機器や盗難防止センサーを近接して使用しますと機器が正常に動作しない場合があります。●ラジオやテレビなどの音響および映像機器の近くで点灯しますと、雑音が入ることがありますのでご注意ください。雑音が入るときは器具から1M以上離して使用してください。●LED素子は、経時的に光色、明るさのバラツキが発生する場合があります。ご了承ください。●被照射物の染料や顔料の特性によって、LEDの可視光により退色や変色する場合があります。●調光用照明器具で調光する際は、指定調光器を必ず使用してください。●調光用照明器具は、直流電源装置内の使用部品の微弱振動により若干のうなり(音)を生じます。竣工引渡し直後の未使用の部屋などにおいては、うなりが大きく聞こえることがあります。家具や空調が設置された実居住空間の中では暗騒音によるマスキング効果によって、うなり(音)がかき消され聞こえなくなりますが、特に静かな環境が要求される場所(録音スタジオや寝室など)への取り付けの際は、うなり(音)を考慮して設置してください。●点灯直後わずかに音がすることがありますが異常ではありません。●電源線と調光信号線は間違えないように結線してください。間違えて結線した場 合、照明器具が一瞬で故障して調光できなくなります。●漏電遮断器の種類によって直流電源装置からの高周波の漏洩電流の影響により漏電遮断器が動作する場合があります。この場合には高周波対応型漏電遮断器を使用してください。●磁石をパソコンやディスプレイ、時計などの磁気の影響を受けやすい電子機器に近づけないでください。磁気の影響により、故障の原因となることがあります。●磁石に磁気カードやメモリー等の電子記憶媒体などを近づけないでください。磁気の影響により、記録内容が消去されるおそれがあります。●軒下用器具は直射日光のあたる場所および直接雨のかかる場所では使用しないでください。器具の過熱、故障、短寿命の原因となることがあります。●屋外用器具は直射日光のあたる場所では使用しないでください。器具の過熱、故障、短寿命の原因となることがあります。(図5)30MM以上30MM以上(図4)30MM以上●磁石を使用して器具を天井や高所に取り付けないでください。落下によるケガ、故障の原因となることがあります。●磁石には非常に強い吸引力が働きますので体の一部を挟まれないようご注意ください。ケガの原因となることがあります。●変形したサドルは使用しないでください。器具落下によるケガの原因となることがあります。●この他、工事上の制約がありますので、器具の取り付けに際しては「電気設備技術基準」にしたがって施工してください。調光機器を正しく安全にご使用いただくために安全上の注意●取付工事のときは、必ず電源を切ってください。感電の原因となります。●万一、煙がでたり、変な臭いがするなどの異常状態が発生した場合はすぐに電源を切ってください。そのまま使用すると、感電、火災の原因となります。また、異常状態がおさまったことを確認してから工事店、電器店に修理を依頼してください。警告263


<< | < | > | >>