LED総合カタログ_2018,05版

LED総合カタログ DNL


>> P.260

LED製品について安全上の注意●LEDランプの取り付け、取り外しや清掃のときは、必ず電源を切ってください。直流電源装置の故障、感電の原因となります。●万一、煙がでたり、変な臭いがするなどの異常状態が発生した場合はすぐに電源を切ってください。そのまま使用すると、感電、火災の原因となります。また、異常状態がおさまったことを確認してから工事店、電器店に修理を依頼してください。●LEDランプの分解、改造は絶対にしないでください。故障、落下、感電、火災の原因となります。●LEDランプに内蔵されている電子部品には、絶対に触れないでください。感電の原因となります。●LEDランプの隙間に金属類や燃えやすいものなどを差し込まないでください。感電、火災の原因となります。●適合した器具を必ず使用してください。LEDランプ落下によるケガ、短寿命、不点灯、チラツキ、火災の原因となります。注意事項●紙や布や断熱材などでおおったり、燃えやすいものに近づけないでください。故障、火災の原因となることがあります。●屋外では使用しないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●風呂場など湿気や水気のあるところでは使用しないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●床、什器等の清掃の際は、LEDランプに水や薬品がかからないように注意してください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●振動や衝撃のあるところでは使用しないでください。落下、破損によるケガ、LEDランプの短寿命の原因となることがあります。●引火する危険性の雰囲気(ガソリン、可燃性スプレー、シンナー、ラッカーなど)で使用しないでください。火災、爆発の原因となることがあります。●腐食性雰囲気のところでは使用しないでください。LEDランプの故障、落下の原因となることがあります。●粉塵の多いところでは使用しないでください。火災の原因となることがあります。●暖房機器、火気などの上や近接したところでは使用しないでください。故障、火災の原因となることがあります。●LEDランプを被照射面に近接した位置に取り付けないでください。被照射面の変色や変質、火災の原因となることがあります。●LEDランプに塗料などを塗らないでください。故障、破損、感電、火災の原因となることがあります。●ソケットに確実に取り付けてください。LEDランプ落下、接触不良による過熱、発煙の原因となることがあります。●点灯中や消灯後しばらくは、LEDランプが熱いので絶対に手や肌などを触れないでください。ヤケドの原因となることがあります。●口金のピンが曲がったり、折れたりしたLEDランプは使用しないでください。また、ピンの切断もしないでください。接触不良による過熱、発煙、落下の原因となることがあります。●誤って落下させたLEDランプは使用しないでください。故障、火災の原因となることがあります。●LEDランプの取り付け、取り外しは、ランプ両端の口金付近を持っておこなって ください。また、取り付け時は、口金の黒線がソケット羽部に納まる位置まで確 実にランプを差し込んでください。故障、落下によるケガ、火災の原因となること があります。●LEDランプをご使用の場合、器具付属のワイヤーホルダーを必ず使用してください。LEDランプ落下によるケガの原因となることがあります。●点灯しているLEDランプを長時間直視するのはおやめください。目を痛めたり、目に悪影響を及ぼすおそれがあります。ご使用上の注意●周囲温度は取扱説明書で指定した範囲で使用してください。LEDランプの短寿命、不点灯、チラツキの原因となることがあります。●清掃する際は、シンナーやベンジンなどの溶剤を使用しないでください。水または中性洗剤を湿らした柔らかい布でよく絞ってから拭いてください。●近くで赤外線リモコン機器を使用しないでください。リモコン機器が正常に動作しないことがあります。リモコンの受信部には、LEDランプの光が入らないよう配慮してください。●電源波形の歪みや変動があるときは、チラツキが発生する場合があります。●ラジオやテレビなどの音響および映像機器の近くで点灯しますと、雑音が入ることがありますのでご注意ください。雑音が入るときはLEDランプから1M以上離して使用してください。●LED素子にはバラツキがあるため、同一形式商品でも商品ごとに発光色、明るさが異なる場合がございます。ご了承ください。●人感スイッチなど自動点滅装置や遅れ停止スイッチなどには使用できない場合があります。●位置表示灯内蔵形スイッチ(ホタルスイッチ)や消灯時でも微小電流が流れる回路でご使用になる場合、スイッチを切っても微弱点灯する場合があります。●LEDランプの自重によるソリを防ぐよう、LEDランプホルダーを配置してください。●通電したままLEDランプを脱着しないでください。直流電源装置、LEDランプ故障の原因となることがあります。●LED素子は、経時的に光色、明るさのバラツキが発生する場合があります。ご了承ください。●被照射物の染料や顔料の特性によって、LEDの可視光により退色や変色する場合があります。LEDランプを正しく安全にご使用いただくために注意事項ATTENTION警告注意安全上の注意LEDモジュールを正しく安全にご使用いただくために●取付工事やLEDモジュール交換、清掃のときは、必ず電源を切ってください。直流電源装置の故障、感電の原因となります。●万一、煙がでたり、変な臭いがするなどの異常状態が発生した場合はすぐに電源を切ってください。そのまま使用すると、感電、火災の原因となります。また、異常状態がおさまったことを確認してから工事店、電器店に修理を依頼してください。●LEDモジュールの分解、改造は絶対にしないでください。故障、落下、感電、火災の原因となります。●LEDモジュールに内蔵されている電子部品には、絶対に触れないでください。感電の原因となります。●紙や布や断熱材などでおおったり、燃えやすいものに近づけないでください。故障、火災の原因となります。●LEDモジュールの隙間に金属類や燃えやすいものなどを差し込まないでください。感電、火災の原因となります。●埋め込み可能なLEDモジュール以外は、LEDモジュールを造営材などへ埋め込んで使用しないでください。放熱が悪くなり、故障、火災の原因となります。●取付工事は、取扱説明書にしたがって確実におこなってください。感電、火災、ケガの原因となります。●LEDモジュールの取り付けは、LEDモジュールの質量に耐えるところに取扱説明書にしたがって確実におこなってください。取り付けに不備があると落下し、感電、ケガの原因となります。●適合した直流電源装置、器具を必ず使用してください。LEDモジュール落下によるケガ、短寿命、不点灯、チラツキ、火災の原因となります。●屋内用LEDモジュールは、屋外では使用しないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●風呂場など湿気や水気のあるところでは使用しないでください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●床、什器等の清掃の際は、LEDモジュールに水や薬品がかからないように注意してください。故障、感電、火災の原因となることがあります。●振動や衝撃のあるところでは使用しないでください。故障、落下によるケガ、火災の原因となることがあります。●引火する危険性の雰囲気(ガソリン、可燃性スプレー、シンナー、ラッカーなど)で使用しないでください。火災、爆発の原因となることがあります。●腐食性雰囲気のところでは使用しないでください。故障、落下の原因となることがあります。●粉塵の多いところでは使用しないでください。火災の原因となることがあります。●暖房機器、火気などの上や近接したところでは使用しないでください。故障、火災の原因となることがあります。●軒下用LEDモジュールは下記の使用環境・条件下では使用しないでください。早期の錆発生、故障、落下、ケガ、感電、火災の原因となることがあります。1) 大雨などで冠水するおそれのあるところ 2) 浴室やサウナなど常時高温高湿となるところ 3) 振動、衝撃のあるところ 4) 風避けのない建物の屋上、橋梁など、明らかに強風が吹く場所・地域   (離島含む)と判断されるところ警告注意260


<< | < | > | >>