LED総合カタログ_2018,05版

LED総合カタログ DNL


>> P.17

LED照明でくつろげる空間を代官山蔦屋書店代官山蔦屋書店書架照明について代官山蔦屋書店はプレミアエイジと呼ぶ団塊世代前後の客層をターゲットとした基本コンセプトのもと、上質な空間と同時に省エネルギーな商環境づくりを目指した。基本照明を控えめにし、書架照明を明るくする事で柔らかい光に包まれる空間をイメージしている。照明設置部は斜めにカットし、下段の商品にも光が綺麗に届く配光にする事で灯数を抑えて省エネ効果を出すと共に、利用者が商品を選びやすい環境を作り出している。FL-LED2を選択した理由のひとつとして磁石での設置が挙げられる。ものを極力見せない光による上質な空間づくりが可能になることが重要だった。代官山蔦屋書店では利用者にとって居心地の良い空間であると共に、照明の工夫で省エネを計る。この2つのテーマを同時に実現させている。所在地:東京都目黒区施  主:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社設  計:クライン・ダイサム・アーキテクツ/株式会社アール・アイ・エー照明計画:株式会社エフ・ディー・エス撮  影:NACÁSA&PARTNERSINC.棚下照明:FL-LED2(2800K)■使用器具LEDモジュール拡散光タイプFL-LED2P.11617施工事例商業施設複合商業施設アミューズメントホテル公共施設教育機関博物館/ギャラリー住宅病院/クリニックオフィス/ショールーム


<< | < | > | >>